横浜および東京都内を中心にオフィスビル・商業ビルなど不動産物件を所有、賃貸
三丸興業株式会社
ホーム お問い合せ
企業情報 事業案内 主要ビルのご紹介 三丸興業150年史
 
三丸興業150年の歩み
弊社は、平成21年6月2日に創業150周年の節目を迎えました。
横浜開港と同時に「明石屋平蔵店」が開店、蒸気船の燃料である石炭販売を初めました。 その後、生糸、海産物、貿易金融、不動産貸付などいくつもの業種を経て、明治44年渡邊合名会社が、有価証券投資・不動産貸付を主たる業務として発足しました。
大正時代前半、業務は順調に推移しましたが第一次世界大戦後の反動不況と関東大震災により経営環境は一変しました。こうした中、大正12年12月、合名会社から株式会社に改組・新発足した渡邊同族鰍ェ弊社です。
その後、昭和金融恐慌と世界恐慌、それに続く太平洋戦争と苦難の時代が続きましたが、昭和30年代以降、横浜植木鰍ニのグループ化、不動産開発、新規事業への展開などを通じて社業は徐々に復興しました。 昭和50年代以降は収益不動産を着実に増やし、バブル崩壊後の経済不況を乗りきった現在、業績は順調に推移しております。
150年を振り返ると、開国以来の激動の歴史の中で、よく企業の寿命を保ったものだと思います。先取りの気質に富む先達の不屈の精神が、幾度も訪れた逆境を跳ね返したこともさることながら、開業以来ご縁のあったたくさんの方々のご支援、ご協力の賜物と感謝申し上げます。
港都・横浜とともに歩んで
2009年(平成21年)、横浜港は開港150周年を迎えました。
1859年(安政6年)横浜港開港と同時に創業した三丸興業は、古くは海産物の取引業から始まり、エネルギー、金融、不動産と、常に時代の先を読み、自らを「変化<チェンジ>」させることで激動の時代を乗り越えてきました。
その150年の歴史をご紹介いたします。
幕末〜明治
創業当初
大正〜昭和
激動の時代
そして平成へ 150年のとき
次の150年に向かって
三丸興業150周年記念ビデオ「港都・横浜とともに歩んで 三丸興業の150年」 港都・横浜とともに歩んで 三丸興業の150年
三丸興業の歴史を語る上での貴重な資料や写真とともに、その150年の歴史を動画でご覧いただけます。
動画を見る

個人情報保護方針サイトマップ